あけびかごのこぎん刺しピンクッション/水色

宮本工芸さんのあけびかごに、tsu.girlさんのこぎん刺しピンクッションをセットしました。

小ぶりのかごに、丁寧なこぎん刺しの伝統的なもどこを全体にあしらっています。

飾って眺めていてもかわいいピンクッションです。

中材には、針が錆びにくいよう羊毛を使用しています。


色 水色生地×白糸

サイズ 直径6.5×6cm

生地 麻 30% レーヨン 70%


「作家さんについて」




tsu.girlさんはこぎん刺しの発祥地、弘前の作家さんです。

中学校の家庭科の課題でもこぎん刺しがある弘前では、こぎん刺しはとても身近な存在。

tsu.girlさんは、いつもお子さんの洋服の繕いにこぎんを刺したり、誰かへの贈り物のためにこぎんを刺します。

その様子はごく自然で、愛情にあふれていて、いつも誰かのために、楽しみながらこぎんを刺しています。

もともと防寒のために始まったと言われる津軽のこぎん刺し。

豪雪地帯の弘前は、屋根から滑り落ちてきた雪と、しんしんと降り積もった雪が、

1階の屋根に届くほどになる事もあります。


tsu.girlさんの暮らしぶりを伺っていると、こぎん刺しが美しいもどこ(模様)を生み出した理由は、

誰かを喜ばせたい、自分も楽しみたい!という思いから生まれたことを感じます。


ちなみにtsu.girlさんのお母様もこぎん刺しをされるのだそう。

今、tsu.girlさんがお子さんにこぎんを刺してあげてるように、

こぎん刺しは、あたたかい思い出の詰まった手仕事なのです。


素材の特性とご注意

商品は手作りの為、縫製など多少のゆがみや、わずかなサイズの違い、糸のねじれなどが生じる事がございます。ご理解くださいますようお願いいたします。

モニター環境などにより、実物と多少色味が異なることがございます。
販売価格 3,996円(税296円)
型番 KOTS-1021