こんにちは。
talvikkiの店主、ハセベ ミキです。

青森県弘前市で、あけびかごを中心とした、作家さんの器や、ロシアの白樺のかごなどを扱う、webのみのお店を運営しております。


talvikkiという名前は、フィンランド語で「雪の子ども」という意味。

私の子どものころの雪の降る日のワクワク感をこめています。


私の住む青森県弘前市は豪雪地帯のため、冬は毎日雪が降ります。


今となっては、雪かきが大変で、とてもワクワクなんてできないのですが、子どものころは、降っても降っても、まだまだ降る大雪の日が大好きでした。


大雪の日は、夜は雪明かりでほんのりとピンクがかったように明るく、いつもは電気を消すと真っ暗になる寝室も、やわらかな雰囲気に包まれます。


これから何か特別な事が始まりそうな、楽しいことがありそうな予感に満ちていました。


東北のかご作りやこぎん刺しも、主に冬の手仕事として発展してきました。

雪深く、どこにも出掛けられない分、手を動かして何かを作るという力になったのではないでしょうか。


雪があるからこその手仕事を、ワクワクしながら見ていただけたらうれしいです。





小学生の子どもが2人おり、夏休み、冬休みは、どうしても運営がスローになりがちです。


至らぬところばかりですが、どうぞお付き合いくださいませ。




ハセベ ミキ